【無料】CDをハイレゾ化する方法 DSD編

注目のハイレゾ音源。
手持ちのCDをアップコンバートしてリッピング
することでこちらの記事でわかったとおり高音質の
ハイレゾ音源が無料で楽しめることがわかりました。

↓の記事です。
【無料】CDをハイレゾ化する方法 FLAC編


ではFLACよりも更に高品位とされるDSD音源
(DSDディスク)をCDから作成してみよう!

ということで~
CDからDSD音源の作成方法をまとめてみました。


スポンサーリンク






DSD音源については下記URLに詳しく説明されています。
http://ascii.jp/elem/000/000/769/769050/index-4.html

DSDディスクを作れば、なんとPS3(プレステ3)で再生ができてしまうのもポイントの1つ。

さて、手持ちのCDを利用してDSD音源を作る
ためには、一旦CD音源をWAVにリッピングし、
リッピングしたWAVをアップサンプリング
(アップコンバート)する必要があります。

※CDのハイレゾ化をググるとaudiogateという
ソフトを利用する記事を目にしますが、
このソウトは現在2万円ほどの有料ソフトと
なってしまい、無料利用はできなません。

CDをDSDに変換する方法

利用するソフトウェア(ツール)
・dbPoweramp CDRipper
・WAV2DFF
・Wave To Dsdiff Converter - Version1.5 - GUI
・dff2dsf

CDをWAVEにリッピングする

ここで利用するのがdbPowerampのCDRipperというソフト。

このソフトのおすすめポイントはメタデータが
きっちりと編集できるところです。

ダウンロードはこちら
https://www.dbpoweramp.com/cd-ripper.htm

CD Ripperのダウンロードからセットアップ、
WAVへのリッピング方法はこちらの記事
まとめましたので参考にして下さい。
CDをリッピングする方法【DB Poweramp】

※上の参考記事、CD Ripperのサンプリングレート
設定でBit Depth:24bit、Sample Rate:96KHz
のところを16bit、44.1KHz、1411kbpsの設定

WAVにリッピングします
このリッピングの設定96kHzなどにアップしてしまうと
プレステ3では認識しませんのでご注意下さい。


WAVEファイルをDSDファイルに変換する

WAVEファイルをDSDファイルに変換するツールが
Ama Ama Audio Visual というサイトで
公開されているWAV2DFFというプログラムです。

こちらはコマンドプロンプトでの実行になるので
少々知識が必要となります。

そこで登場するのがYUKI-SANのHPで公開されている
wab2dff専用連携GUIプログラムの
Wave To Dsdiff Converter - Version1.5 - GUIです。

これを以下のとおり設定します。

1.Wave To Dsdiff Converter - Version1.5 - GUIを
動かすには.net Framework 4が必要なのでPCに入って
いない場合は.net Framework 4をダウンロードのうえ
インストールします。

2.それぞれのサイトよりZIPファイルをダウンロード
して任意の場所に解凍します。




3.wav2dffGui.exeとsetting.txtをwav2dffが保存されているフォルダに移動する。





4.これがwav2dffのプログラムフォルダ完成の構成となります。



5.Wav2DffGui.exeを実行します。(ダブルクリック)



6.Optionsをクリックします。



7.任意のパラメータ設定を実施します。
基本的には赤枠で囲んだ項目を設定する形でよいと思います。


設定としては、oversampleを「/DSD64」、
normalizeを「-5」又は「-10」、
tap countを「/t:8192」で設定することで
安定して変換できています。

尚、DSD128やDSD256に増やす場合は、
tap countをそれぞれ倍の数値にします。

DSD64:8192 DSD128:16384 DSD256:32768 といった感じ。

※プレステ3でDSD音源を再生する場合はDSD64までしか対応していないようです。


8.Addをクリックして変換したいWAVファイルを選択します。



9.まとめて選択も可能です。



10.正しく選択できたら「Convert」をクリックして開始します。


11.これでしばらく待てばDSD(DFF)ファイルが完成します。
サイズによりますが、10曲程のアルバム1枚で約2時間で完了する感じです。

※WAV音源によっては変換に本来15分程かかるものが3分程度と早く処理完了するが
 DFFファイルが生成されないという事例があります。(画面エラー表示なし)
 動きとしては変換中にエラーが出た際、処理を打ち切って次の処理に進むらしいです。
 その際は対処としてnormalizeを-5ずつ下げて処理を試すとうまくいくようです。
  (自分の場合は-5から-10くらいが安定しています。)
 

�DFFファイルをDSFファイルに変換する。(DSFファイルが必要な場合)

DSDファイルにはDFFとDSFの2つのファイル形式が存在します。

・DFF(DSDIFF)ファイルは音楽業界で結構広く普及しているファイル形式です。
・DSFファイルはSONY独自のファイル形式だそうです。

したがってソニーの機器(PS3等)でDSDを再生する際はDSF形式が必須となります。
 
  1.追憶伝来のサイトにて変換プログラムdff2dsf_v0900.zipをダウンロードします。 

  2.ダウンロードしたzipファイルを任意の場所に解凍します。

  3.変換したいDFFファイルをdff2dsf.exeに直接ドラグ&ドロップすれば、1曲10秒程
    で変換が完了します。(ダブルクリックじゃないのでご注意を!)




�DSDファイルをDVDに書き込む。
書き込む際、普通のデータDVDとして書き込めばOKですが、ひとつ注意するポイントとして
第一階層にDSD_DISCフォルダ作成し、その配下にアーティスト名のフォルダまたは直接
DSDファイルを保存する必要があります。



以上でDSDディスクの完了です。

少々手間ではありますが、完全無料で高音質のDSDディスクを楽しめます。
ぜひぜひお試し下さい^^






ハイレゾDSDまで対応するUSB-DAC搭載ヘッドフォンアンプ HP-A4
PCオーディオの本命かと^^

PCオーディオ用のUSB-DACとして定番のPC100USB-HR
PCM 24bit/96kHzハイレゾ対応機。まずはこれから入門するとよいです。


ビクターの木製カナル型ヘッドフォンHAFX850
木が奏でる臨場感と遠近感、そして解像度は耳からウロコですよ。 


行き着くところはココ MDR-CD900ST
永遠の定番、モニターヘッドフォン